携帯電話料金 滞納 限度額が多い金融機関

携帯電話料金の滞納|利用限度額の多い金融機関を選ぶ

携帯電話料金を滞納するとどうなるの

実は携帯電話の使用料金を滞納し続けるとブラックリストに載る可能性があります。

 

携帯料金の滞納

ちなみに最近では携帯電話を購入すると機種代金を毎月分割して払うシステムが導入されており

毎月支払うのは携帯電話の利用料金と端末代金の毎月の支払い分が合算された金額です。

 

ブラックリストに載るかどうかはこの端末代金であり
これは携帯電話をローンで購入していることになり、当然返済できなければブラックリストに載るということです。

 

滞納期間については3か月とも半年とも言われています。

 

ちなみに携帯電話の利用代金を滞納していくと最終的には携帯キャリアにより止められてしまいます。

 

携帯電話料金の滞納でブラックリストに載った場合、5年程はその情報は消えることはないようです。

 

つまりその5年間はクレジットカードに申し込んだり、キャッシングを利用しても審査に通る可能性は低くなります。

 

実際に携帯電話料金の滞納でブラックリストに掲載される人が増えてきているということで注意が必要です。

 

お金を内緒で借りる|バレない消費者金融

利用限度額の多さで金融機関を選ぶ

利用限度額の多い業者

キャッシングを利用する際に「利用限度額」が重要になる人もいると思います。

 

インターネットでキャッシングを行っている金融機関の人気ランキングサイトなどを見ると
「借入限度額」が「1〜500万円」などと設定されています。

 

しかし基本的に初めて利用する金融機関の場合、利用限度額は100万円以下の低めに設定されるでしょう。

 

初めて利用する金融機関で100万円以上など高額を借りたい場合は申し込み時に確認する必要があります。

 

その後、同じ金融機関で何度も借りて遅れることなく返済していると
最大500万円〜1000万円に増額できる所がほとんどです。

 

基本的に個人がキャッシングをする時にいきなり500万円借りるケースはあまり多くないと思います。

 

しかし利用限度額の多い所は複数の借り入れを一本化する「おまとめローン」
ビジネスのためのキャッシングとして利用するのには最適ですので
自分が必要な金額を貸してくれる所を選ぶようにしましょう。

 

キャッシング|親にバレない消費者金融